人形劇「離婚ってなあに?」

  • 2018.07.15 Sunday
  • 23:12

面会交流支援団体FVS今枝です。

 

今日は人形劇の撮影でした。

 

子どもたちにとって、両親の離婚はどのようにうつるのでしょう。

毎日一緒にいた親の一人が突然家からいなくなってしまうことを、受け止めることができるのでしょうか?

人形劇はぶたのトンちゃんが両親の離婚を知り学校に行き、でも離婚がなんだかわからずにむじゃきにクラスのお友達に話して回るところからはじまります。

 

スタッフの実話から脚本を作成し、人形は「むすび座」さんの協力で手作り、演じるのも初体験、撮影もスタッフです。

まずは配役を決め読み合わせをします。

 

どんなふうに映るかを確認しながら立ち位置を決めます。

 

モーター音が入らないようにエアコンを消し、汗だくになりながらの撮影でした。

何度も何度もやり直し、無事撮影終了。

あとは編集作業です。

 

完成したらアップしますね。

どんな出来上がりになるか、楽しみにしていてください。

 

日本ファミリービジテーションサポートセンター

 

面会交流支援って何?

  • 2018.07.15 Sunday
  • 00:04

面会交流を知っていますか?

 

両親の離婚や別居により、離れて暮らす親子が会ったり手紙や電話などで、定期的に親子の時間を過ごすことです。

 

今聞いてどう思いましたか?

 

「それってあたりまえだよね?何か特別なことなの?」

 

それならよかった。

 

私たちがサポートする必要はありません。

 

「えっ!?会いたくないから離婚したのに、どうしてわざわざ会わなきゃいけないの?」

 

そうですよね、そう思うのもよくわかります。

 

でもその場合、お子さんはどう思っているでしょう?

 

お子さんが親にひどいことをされ「怖いから絶対に会いたくない!」というなら、会わせられません。

 

「本当はパパ(ママ)に会いたいけど、言えない。。。」と思っているとしたら、

 

心の声に耳を傾けてあげてください。

 

大丈夫ですよ、決して無理に「会わせなさい!」とは言いませんから。

 

私たちにそんな力はありません。

 

離婚後、調停で面会交流は決まったけど、相手と連絡を取ることや会うことができない場合。

 

離婚は協議でできたけど、親権は持つことはできたけど、子どもを会わせることに不安がある場合。

 

子どもにとってはいい親だったし、子どもは会いたがっている・・・

 

誰か支援してくれたら何とか頑張れるのに・・・

 

そんな時は私たちに相談してください。

 

何か力になれることがあると思います。

 

FVS 日本ファミリービジテーションサポートセンター