リボンフォーラムに面会交流支援のアイボリーリボンで登壇

  • 2018.09.03 Monday
  • 11:40

AIDS文化フォーラム in NAGOYA & Fairies' Ribbon Forum

 

会場は広すぎましたが、たくさんの皆様にお越しいただきました。

ありがとうございました!!

 

リボンフォーラム、楽しかったぁ〜〜〜♡

 

「面会交流がこんなに日の当たる場所に出られるなんて!!」

と、10年以上携わっている当事者関係者は感動しています。

 

私は主催者の「秘忍者ジミーハットリくん」に、面会交流のアイボリーリボンを仲間に加えていただけたこと、

面会交流支援をまったく知らなかったたくさんの人たちに知っていただけたこと、

ファシリテーターの岩室紳也先生にたくさん質問していただけたことが、ただただ嬉しくて、

カフェでお茶を飲みながら話しているような、ワクワク気分でお話しできました。

『Ribbonを繋ごう!in NAGOYA』

HIV/AIDS予防啓発のレッド、児童虐待防止のオレンジ、障がい者社会参加支援のイエロー、

女性へのDV防止のパープル、乳がん「早期発見・早期治療」のピンク、

そして面会交流支援のアイボリー。

 

社会の「困った」を解決しようとする活動するは、底辺で繋がっています。

私の中では、「子どもの笑顔のために」で繋がっています。

ひとつのリボンとの繋がりから会場に足を運んでくださった方も、

トークセッションをお聞きいただいて、その方なりの繋がりを感じていただけたことだと思います。

アイボリーリボンの面会交流支援は、起きてしまったことの解決を考えていますが、

他のリボンは予防啓発の部分が大きいです。

 

『勘違いはもうやめよう』

『他人事をジブンゴトに…』

『車椅子はいつも前に進む』

『「つながり」で変わること、変えられること』

 

私は夫婦問題カウンセラーとして、最小単位の社会である夫婦をより良い関係にすることで、

社会の様々な問題が予防できることを改めて感じた一日になりました。

 

面会交流支援の仲間が、半田での面会交流支援を終え、

フォーラムの応援に名古屋まで駆けつけてくれました。

 

ご来場者の皆様、関係者の皆様、一日ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする