面会交流支援の勉強会開催

  • 2018.08.18 Saturday
  • 00:21

FamiliesChange今枝朱美です。

市民活動推進センターで面会交流支援の勉強会を開催しました。

一般の方に向けての勉強会は初めてでした。

9月2日に鯱城ホールでAIDS文化フォーラムin NAGOYA &フェアリーズリボンフォーラムが開催されるのですが、それに向けての開催でした。

 

フェアリーズリボンフォーラムでは『リボンを繋ごう!in NAGOYA』のトークセッションがあり、レッドリボン:HIV/AIDS予防啓発、、オレンジリボン:児童虐待防止、イエローリボン:障害者社会参加支援、アイボリーリボン:面会交流支援、ピンクリボン:乳がん啓発(早期発見・早期治療)、パープルリボン:女性へのDV防止の6つのリボンがつながりを考えます。

 

その中でも面会交流支援のアイボリーリボンはご存じない方が多いので、面会交流を知っていただく勉強会です。

 

ピンクのは秘忍者ジミーハットリくんで、HIV/AIDS予防啓発のキャラクターです。

 

心と絆〜繋がるを考える〜をテーマにしたの勉強会でした。

会って話すことで繋がっていくという共通点で、非行防止サポートセンター愛知の渋谷幸靖さんがコラボしてくださいました。

渋谷さんは少年たちと目線を同じにして、何度も何度もコミュニケーションを重ね、何があっても少年たちを信じ社会復帰をサポートしています。

また、少年たちとだけにとどまらず、親御さんたちとの絆も大切にしています。

 

面会交流支援も親子が会えればそれでいいのではなく、親子そして支援者との絆を大切にするサポートをしていきたいと思います。

毎回の交流時間の前後には別居親と話す時間をもうけ、交流中の時間には同居親とお話しする時間をもうけ、現在困っていることや、婚姻中の辛かったお話などもお聞きします。

また、離婚後は「一人で頑張らなければ」と孤立しがちですが、自力での面会交流が難しいのであれば、どんどん助けを求めて欲しいです。

支援者の中には当事者経験者もいるので経験もお話しできますし、支援者も子どもたちの笑顔で元気をもらえたり、両親の成長を見せていただくことが力になったりもします。

お互い様の気持ちで、支えるときも支えられているときも、それが居場所となります。

 

講座を終え

「面会交流は大切なことだからもっとみんなに聞いてもらわなければ!」

「自分にできることがあればお手伝いしたい。」

「少しでも子どもたちを助けることができるのであれば協力したい。」

「心理カウンセラーの仲間がたくさんいるので、お話を聞くことができるかもしれない。」

「夫婦のお話ももっと聞かせてください。」

たくさんのありがたいお言葉をいただきました。

 

皆さんの応援の声に励まされこれからもさらに頑張っていこうと思いました。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする