託児所利用面会交流はFVS最大の特長です

  • 2020.06.09 Tuesday
  • 13:27

愛知県で面会交流支援をしているFVS(日本ファミリービジテーションサポートセンター)です。

 

半田市(名鉄知多半田駅前)名古屋市(名古屋駅前)日進市(地下鉄赤池近く)の3か所を拠点に支援活動をしています。

 

プレイルームを利用しての面会交流支援が中心となりますが、今回ご紹介したいのが「託児所」を利用しての面会交流支援です。

 

これはFVS最大の特長と言っても良いのではないでしょうか。

 

FVSを立ち上げた志水が名古屋駅で安心安全な面会交流場所として託児所利用を考えていた時のことです。

 

名古屋駅で「一時お預かり専用託児所 はないと」を運営している美辺株式会社の美辺香澄代表が声をかけてくれました。

 

「うちを使ってください。」

 

うっ、うっ、うっ(涙) 女神☆降臨

 

独自ルールを作り、ことあるごとにすり合わせ施設を使わせていただけています。

 

段取りとしては

 

1.別居親とスタッフ待ち合わせ。

 

2.同居親と子ども、スタッフと共に託児所に。

 

3.託児所に子どもを預け同居親とスタッフ移動。

 

4.別居親とスタッフ託児所へ行き、別居親は保育士と同じTシャツを着て子どものもとへ。

 

5.2時間の面会交流。途中ランチあり。

 

6.別居親は託児所を出てスタッフと移動。

 

7.同居親はスタッフと子どもを迎えに行き帰路に就く。

 

☆FVSの面会交流で「はないと」を利用できるのは原則的に3才以下の小さいお子様です。

 

(はないとHPより画像をお借りしました)

 

「安心・安全・広い・美味しい・便利」という5つの特長を持つはないとを面会交流で利用できるということが最大のポイント

 

*有資格者が多数在籍で安心。

 

*オートロックや監視カメラ設置でセキュリティ対策も万全で安全。

 

*大きな窓から光が差し込み、明るく広い大型遊具もある開放的な室内スペース。

 

*食材にまでこだわりの美味しいランチやおやつが園内完全調理。アレルギー対策も万全。

 

*名古屋駅より徒歩6分、おむつやミルクや着替えも準備され手ぶらでOKなので便利。

 

この5つの特長が父母ともにとって本当に安心できることなのでありがたいです。

 

そしてさらに

 

*ほかの一般託児の子どもたちと一緒に2時間を過ごすことで、子ども同士のかかわりも目にすることができる。

 

*二人っきりで2時間個室で過ごすこととくらべると、圧倒的に子どもが楽しめる。

 

*ご厚意で特別に親の分の食事も提供され、一緒に食事をとることができる。


*子どもに不慣れな親でも保育士がいるので父母共に安心。

 

*社長を始めスタッフが面会交流を好意的に受け止め受け渡しや連絡報告などに協力体制ができている。

 

本当にありがたい限りです。

 

 

ほとんど子どもと接する機会が無いままに別れてしまった場合、突然子どもと遊ぶと言われても当然戸惑います。

一緒に暮らす親としても子どもを託すことが心配になりますが、それを払拭してくれるのがベテラン保育士たちのフォローです。

 

父親と母親がいまだ高葛藤の場合にはそれぞれ別々のスタッフが付き、基本両者は顔を合わすことなく、姿を見ることも無く子どもさんの受け渡しをさせていただきます。

 

託児所での面会交流がスムーズとなり、父母共に自信が付けばプレイルームの面会交流や公園での面会交流にステップアップし徐々に卒業をめざしていきましょう。

 

私たちFVSは、会いたい会わせたいの気持ちで支援を申し込まれた皆様と共に、安心安全な面会交流の実現に努めます。

 

一般社団法人FamiliesChange

今枝朱美

 

コメント
コメントする