新型コロナウィルス感染予防によるFVS面会交流支援お休みについて

  • 2020.04.17 Friday
  • 12:38

現在、愛知県でも新型コロナウィルスの全国での感染拡大を受け、緊急事態宣言の対象地域となっています。

 

FVS(日本ファミリービジテーションサポートセンター)の面会交流支援活動は、3月からの利用施設の休業により、お休みさせていただいています。

 

何よりも楽しみにしている月に一回の面会交流が行われず、悲しい思いをしている親子がたくさんいますので、何か他の方法はないものかと会議を重ねていますが、支援者も含め家から出ることができないとなると手も足も出ません。

 

また、手紙、写真、動画の交換やプレゼントを贈ることなども考えますが、面会交流の条件内容が決まっている方たちの場合は変更することも簡単ではありません。

 

今回のことは過去に例のない緊急事態です。

 

子どもと暮らす親が、日々の生活や子どもを守ることに必死でそれどころではない気持ちは十分わかりますし、離れて暮らす親が、不要不急ではなく何にも代えがたい重要なことだと考える気持ちもよくわかります。

 

しかし何度も言うようにこれは過去に例のない緊急事態です。

 

父親側も母親側もどちらも相手が今どんな気持ちでいるのか考え、一歩ずつ歩み寄っていただけると嬉しいですし、その時に心に置いていただくことは、子どもは何を望んでいるのかということです。

 

子どもが会いたいと思っているかという事よりも、自分の父親と母親が自分のことで争いいがみ合っていることを嬉しいと思う子どもはいませんので、親である自分たちがどうあることを子どもが望んでいるかです。

 

新型コロナウィルスの影響で面会交流を行うことができないこの時期、戦うことや勝つことを考えるのではなく、自分たちの状況の中での最善を考えてください。

 

外出禁止自粛や施設の使用停止の要請が解除された時、すぐにお互いからの申し込みが来ることを願い、私たち支援者は一日も早く面会交流支援を再開できるように準備万端で待機しています。

一般社団法人FamiliesChange

今枝朱美